モニタリングソリューション

monitoring solution

製造現場のあらゆる課題を解決する
モニタリングソリューションを提供します

当社のモニタリング技術は、生産現場の設備や製品の状況を見える化するソリューションです。
リアルタイムでの工程監視だけでなくこれまで収集が困難だった
異常発生の原因把握や工程の微細な変化を捉え、製造現場での異常発生時には素早い検知と正確な原因把握で迅速に対処できるため、安定的に生産を行うことが可能です。

ヤマナカが提案するモニタリングソリューション

about yamanaka monitoringsoluton

「加工点の見える化」をコンセプトに荷重モニタリングを用いて、
センシング技術と分析技術を活用し生産現場の多様な課題を特定しお客様の課題解決をサポートいたします。

正常波形や異常波形を計測

ボルト型圧電式荷重センサーPiezoBoltにより今まで計測できなかった微差な力・振動の差を検知します。

エッジコンピューティング環境の実現

サーバーや社内ネットワークなどを経由せずに、簡単にIoTを実現。煩わしいデータ管理を簡素化します。

目的に合わせ異常信号を発信

閾値設定後の正常・注意・異常のステータスごとに違った信号を設定することで設備稼働状況の見える化が実現できます。

リアルタイム異常検知

計測したデータをリアルタイムでモニタリングし、現在の設備の状態や成形状態について監視することが可能です。

ビッグデータ分析

過去に収集したデータを分析・活用することで、今まで見えていなかった加工点で起きている現象を細かく分析することができます。

機械学習システム

貯まったデータを活用し、システムに学習させることで、より精度の高い判定を可能にします。

活用事例

家電メーカー

量産現場で部品の微細な異常を検知する用途で活用しています。部品の異常が組立時に見つかることがありましたが、工程内で不良がわかるようになりました。

自動車部品メーカー

設備の稼働状況を見える化することで、製品や設備の不具合を検知しています。特に設備については予知保全の観点から、メンテナンスのタイミングを決める際のデータとして活用しています。

設備メーカー

設備保全の観点で部品交換タイミングを把握する用途で活用しています。部品の納期が長いことから部品が壊れる前に適切なタイミングで部品を発注することができ、稼働率の改善に繋がっています。

ゴム製品メーカー

IoTの検討段階で製品の耐久性や特性についての計測を行い、品質バラつきの要因を分析する用途で使われています。シミュレーションの結果とセンシングの結果を融合した取り組みを行っています。

電子部品メーカー

今まで熟練者に頼っていた不具合管理を標準化するためIoTを駆使した事例です。波形をみて誰でも異常の予兆や発生をわかるようになり、工程管理がしやすくなりました。

潤滑油メーカー

潤滑条件や種類の変化による摩擦の発生を見える化し、新商品の開発データに活用しました。条件の微細な差を検知し、最適な条件を決めることができました。

自動車メーカー

IoTを製造に取り入れ、設備の不具合の異常検知に活用しています。設備の状態をリアルタイムで監視し、予知保全を行うことができるようになったため、突然の設備の故障による生産停止を防ぐことができるようになりました。

医療機器メーカー

非常にシビアな精度が要求される製品の製造に適用されています。製品の不具合検知だけでなく、成形条件と設備の不具合の関係性を見える化でき、最適な成形条件を決める用途でも活用しています。トレーサビリティにも有用です。

厨房機器メーカー

製造現場のIoT化によるスマートな工場づくりを掲げ、当社のソリューションを導入しました。人の目ではわかりづらい製品の微細な不良が確認できるようになり、不良品が流出されることが防止できるようになりました。

活用事例を詳しく見る

導入効果

金型破損検知の場合

課題:
金型寿命管理の標準化による定量化

効果:
・金型状態確認のプロセス簡略化
・寿命と判断するまで金型の連続使用可能
・定量的な基準に基づく金型寿命評価が可能

生産効率10%アップ ⇒ 150万円/月
金型検査工程の簡略化 ⇒ 10万円/月
金型寿命50%アップ ⇒ 400万円/月
年間費用効果 2,320万円/年

※当社試算

製品不良検出の場合

課題:
製品形状不良の発生検知

効果:
・不良品の流出による品質トラブルの回避
・製品検査方法の簡略化
・少ない投資費用

不良品流出ゼロ ⇒ 50万円/月
検査人員1人削減 ⇒ 30万円/月
生産効率20%アップ ⇒ 200万円/月
年間費用効果 3,360万円/年

※当社試算

切削工程の異常検知の場合

課題:
切削工程の自動化・無人化

効果:
・切削工程中にリアルタイム監視
・比較的に低下で実現可能
・人の勘に頼る作業から脱却

無人化による生産性アップ ⇒ 30万円/月
工具破損による2次災害防止 ⇒ 6万円/月
年間費用効果 288万円/年

※当社試算

関連資料&サイト

information

荷重モニタリング 概要資料

荷重モニタリングでどんなことが実現できるのか、パンチ折れ、金型割れなど加工工程における不具合の予兆を検知した事例を交えながら紹介しています。常態監視・不具合検知に興味のある方におすすめの資料です。

資料をダウンロードする

PiezoBolt 概要資料

ボルト型の荷重センサー「PiezoBolt」に関する資料です。サイズの詳細や関連システムについてご紹介しています。

資料をダウンロードする

鍛造金型の寿命向上を支えるシミュレーションとセンシング技術

鍛造シミュレーションとセンシング技術を活用した金型寿命改善に関する資料です。金型常態監視システムが金型のき裂発生と進展のような異常の検知に有効活用できるのか、について述べています。

資料をダウンロードする

スマートな製造環境に向けたボルト型ピエゾセンサーの活用

荷重センサーを用いた製造設備のモニタリング事例の資料です。製造工程のIoT化に向けて、工場の中にある様々な設備にセンサーを設置し、各設備および工程の異常を検知するにはどうすればいいのか、について説明しています。

資料をダウンロードする

ボルト型ピエゾセンサーを用いた工程モニタリング

冷間鍛造工程における潤滑条件の評価、穴あけ成形におけるパンチの表面状態への影響の評価、切削工程等にモニタリングを活用した事例を掲載している資料です。異常を検知するモニタリング方法について詳細に説明しています。

資料をダウンロードする

ボルト型ピエゾセンサーを用いた金型内現象の計測

量産工程における異常の検知から、金型の割れやかじりなどの異常を検知する有効な手段である「PiezoBolt」を活用した事例資料です。

資料をダウンロードする

モニタリングソリューション特設サイト

ヤマナカゴーキンが提供するモニタリングソリューションについてさらに詳しく紹介しているWEBサイトです。
異常検知や設備保全など様々な事例も掲載していますのでぜひご覧ください。

特設サイトを見る

他の事業内容を見る

OTHER SERVICES

ヤマナカゴーキンは様々な事業を展開しています。
トータルソリューションで生産を最適化!

お問合せ

contact

弊社製品、サービスについて、ご質問等ございましたら、お気軽にお問合せください。
弊社営業拠点に直接ご連絡いただく際は、こちらで連絡先をご確認ください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

Top