PiezoBolt


製品紹介

荷重測定の仕組み・使い方


⁎イメージ図

▾PiezoBoltはJIS基準のボルトの首下部にピエゾ素子のユニットが埋め込まれているボルト型の荷重センサーです。ボルトの首下部にかかる軸方向のひっぱりと圧縮の荷重を測定します。

▾PiezoBoltはJIS基準のボルトと同じ形状を持ち、ボルトが受ける軸力荷重の変化を精密に計測することが可能です。機械・装置に使用されているボルトを一部置き換えることでボルトが受けている負荷を数値化します。

▾また、計測システムと組み合わせて使用することで、工程の異常検知や危険予測などが可能です。

異常検知の仕組み


⁎イメージ図

▾まず、基準信号を定義するとその差から異常を判断、判定します。

▾次に、加工機側に設定をしておくことで、警報作動や非常停止を促すなどの工程コントロールが可能です。

▾これにより、量産化後期における工程評価や設備保全への活用が期待できます

仕様


※ 標準品以外の仕様をご希望される場合は、弊社担当者までご相談ください
※ 詳しい情報はお問い合わせください

PiezoBoltができることを詳しく見る⇨ 活用事例❐ ⇦