システム

DeveloperSenses

スーツケース型で持ち運びやすい計測システムです。計測から評価まで簡単に実行できるため、研究や試作での活用に適しています。

特長・強み
優れた可搬性
スーツケース型のシステムのため、持ち運びが簡単です。

トータルソリューション
計測システムはセンシング、計測機器、評価ソフトウェアまで1台に集約されているため、取り付けるだけで簡単にご利用いただけます。

最大4Chまで同時計測可能
最大4Ch.まで同時にご利用いただけます。

EdgeSenses

データ転送の無線化に対応したエッジデバイスです。コンパクトなサイズでありながらパソコンを内蔵しているため量産現場でのリアルタイム監視に適しています。
計測・評価・制御ソフトウェアがインストールされた計測システムであり、Piezobolt以外のセンサーも計測可能です。Wi-Fiを使用した無線でのデータ転送に対応しています。

特長・強み
無線でのデータ転送可能
センサーで計測したデータは無線通信で転送か可能です。

コンパクト
120㎜x190㎜x80㎜のコンパクトさから、量産現場での設置位置の自由度が上がります。

最大6Chまで計測可能
Piezoboltやロードセル、加速度センサーを最大6Chまで同時に利用いただけます。

MMM

学習機能付きのモニタリングシステムです。
MMMは、アナログセンサーを最大20chまで取付可能です。接続したセンサーのデータを一つの画面で確認でき、計測結果を学習させることで工程のスコア判定を自動で行います。

特長・強み
学習機能付きシステム
村田機械社が開発した学習機能付きシステムを搭載し、量産現場での異常検知や工程判定が可能です。

あらゆるセンサーに対応
センサーの種類が異なる場合、それぞれ計測機器を揃える必要がありますが、MMMがあれば1台で、あらゆるセンサーのデータを記録できます。

最大20Chまで計測可能
アナログセンサーであれば、最大20Chのセンサーが同時計測可能です。

D-WT

PiezoBolt専用のアンプ内蔵型の簡易計測ユニットです。D-WTからZigbee通信を通した無線データ転送が可能です。

特長・強み
リーズナブル
パソコンさえあれば計測結果の表示が可能になるため、追加装備の購入が必要ありません。

無線データ転送
PiezoBoltから出力された信号をD-WT本体から無線で転送させることが可能です。

PiezoBoltを4つまで取り付け可能
基本オプションとして4つのPiezoBoltの取り付けが可能です。

 

ソフト

ProcessScope

計測ソフトProcessScopeは直感的なユーザーインタフェイスにより、簡単、迅速、安全な構成が可能になります。

SmartEvaluator

評価ソフトSmartEvaluatorは高性能なデータ処理ツールです。大容量データを迅速かつ明確に表示し、異常を特定できます。

IntegratedControl

制御ソフトIntegratedControlは簡単にエラーを特徴付けることができ、エラーの信号を設備に送る機能も持っています。

お問い合わせ
Top