センサー

ボルト型圧電式荷重センサー
PiezoBolt

JIS基準のボルトの首下部に高精度の圧電素子が埋め込まれているボルト型の荷重センサーです。 ボルトの首下部にかかる軸方向のひっぱりと圧縮の荷重を測定し、動的負荷をリアルタイムで取得および転送できます。 Piezoboltにかかる力は専用のコネクターを通してシステムに流れます。
Piezoboltは頑丈で使いやすく、1桁のニュートンから最大100x10³ニュートンまでの力信号を解析できます。 研究所でも活用できる高い精度、量産現場でも活用できる高い耐久性の両方を満たしています。
ラインナップ以外のサイズについても対応可能です。詳細はお問い合わせください。

ピエゾ抵抗型加速度センサー

過酷な産業現場で高品質のデータを収集するのに適しています。最大10,000gの耐衝撃性を持ち、以下の測定領域が利用可能です。
-50 ... + 50、-100 ... + 100、-200 ... +200および-500 ... 500 g
圧電式加速度センサーとは異なり、ピエゾ抵抗型加速度センサーは、激しい衝撃や衝撃が発生した場合でも、正確な測定が可能です。2つのメトリックM5ボルトで取り付けることができ、内蔵アンプにより、非常に簡単に統合できます。

その他

ロードセルや、位置センサーなど当社ではお客様のご要望に応じて、柔軟に対応可能です。
詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
Top