solution 03

切削工具の異常予知、検知

従来の切削工程

・作業者の勘によって工程異常を検知していた

・工程が数値ができず、大まかな基準によって管理されてきた人によって判断基準が違う

これからの切削工程

・数値基準に基づいて切削状況をリアルタイムで監視

・工具摩耗、異常発生の予兆判断 ⇒ 残存寿命予測
数値化することで人による偏差を減らして工程管理ができる

お問い合わせ
Top