パンチの摩耗による寿命予知

導入事例 総合家電メーカー様
パンチの状態を可視化することで、予知保全を通した品質改善を実現。
金型に与えるダメージを減らすことで寿命改善にも取り組んだ。

課題

パンチの摩耗による製品の品質低下、金型ダメージを可視化する手段がない
1)パンチの摩耗状態が確認できない
2)パンチと金型を定数交換している

改善前の状況

・成形中のパンチの個体差により、低品質の製品が製造されるケースがバラバラである
・パンチの微妙な状態変化が可視化できないため、対策が立てられない
・パンチも金型も定数交換を行っているため、ロスコストが発生

対策

パンチを固定するプレートに2本(前後の締結部)を PiezoBoltに付け替え、モニタリングを実施した。

設置図

【導入した機器】
PiezoBolt 2本
EdgeSenses 1式
・ワイヤー式リニアセンサー

結果

時間によるパンチの摩耗具合を、可視化することができた。
また、摩耗だけでなく破損が近づく際の予兆も確認できた。

改善後の状況

【パンチ寿命改善】
成形中のパンチの状況が可視化でき、パンチの交換時期を把握することができるようになった。

【金型状態のリアルタイム監視】
金型のダメージが発生する状況をリアルタイムでモニタリングできるようになった。

【コスト削減】
不良品の発生頻度を減らすことができるようになり、ロスコストの削減が実現できた。

導入時〜現在に至るまでの使用感

今まで定数で交換をしていたパンチや金型を、品質低下が発生する直前まで使用できるようになったため、ロスコストの削減が実現できた。
異常発生時や予兆が現れる際の波形は、誰が見ても正常時と違うため、異常の判定が簡単にできる。

導入の決め手

設置場所の選定が難しく、センシングができない状況であったがボルト型のセンサーで既設センサーの代わりに使用できる点で魅力を感じた。
また、キャリブレーションの必要なく締付トルクの管理だけで、高精度の計測ができる点で手間がかからないと思った。

事例リストへ戻る

Top