ボルト型ピエゾセンサーを用いた金型内現象の計測


不良・異常検知モニタリングソリューション資料ダウンロード


多くの中小企業により支えられている日本の鍛造業界では、多品種少量生産への対応や、リードタイム短縮、価格低減、安全および環境への対策、海外へのビジネス展開、技術者の高齢化と技術伝承など難しい課題が多くあります。その中で、製造業の強化に向けた新しいビジョンの策定や情報つ新技術などが課題解決の糸口であると考える人は多いでしょう。しかし、高い注目度とは裏腹に日本のものづくり産業の中へ取り込む活動がなかなか進んでいないように見受けられます。
本資料では、IoTやスマートファクトリーなど、自動化が進む次世代のものづくりの革新を支える要素技術として欠かせない一つであるセンサーを用いた計測技術、ならびに鍛造プロセスの監視や分析を目的としたプロセス評価への取組みの事例をご紹介いたします。

出典記事:塑性と加工(日本塑性加工学会誌)第58巻 第681号
著者:金 秀英


資料をダウンロードする

本記事の無断転載・複製を禁じます。
記事に関するお問い合わせは、以下にお願いします。
TEL (072)962-0676 営業企画室

お問い合わせ

contact

弊社製品、サービスについて、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社営業拠点に直接ご連絡いただく際は、こちらで連絡先をご確認ください。

お問い合わせ

Top