バルク成形の加工限界のCAE予測技術の現状


CAE活用資料ダウンロード


バルク成形の代表的な手法である鍛造加工は、素材の高度強化や複数の部品の一体化といった製品性能および機能の付与と向上を目的とした開発で適用されることや、材料歩留まりの改善や生産性向上といったコスト削減を狙いとして用いられるなど、様々な分野のアイテムづくりに活用されてきました。また、高い制動機能を有する複動モーションのサーボプレスの開発が進んだことにより、クランクやリンク、バルス振動など多彩なスライドモーションと据込み、押出し、コイニングといった複数の工法の組み合わせが実現し、多くの加工バリエーションを取り扱うことができるようになりました。
多彩な加工バリエーションを実現する複動モーションを活用した工程設計、開発を進める上で、数値シミュレーションによる技術支援は必要不可欠です。本資料では、鍛造工程設計で用いられる数値シミュレーション技術の概要とその適用事例についてご紹介いたします。

出典記事:塑性と加工(日本塑性加工学会誌)第58巻 第674号
著者:金 秀英 他


資料をダウンロードする

本記事の無断転載・複製を禁じます。
記事に関するお問い合わせは、以下にお願いします。
TEL (072)962-0676 営業企画室

お問い合わせ

contact

弊社製品、サービスについて、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社営業拠点に直接ご連絡いただく際は、こちらで連絡先をご確認ください。

お問い合わせ

Top