鍛造とデジタルエンジニアリングの変革


CAE活用資料ダウンロード


剛塑性有限要素法理論など、大変形を伴う塑性変形に対応した計算手法が提案されて以降、鍛造シミュレーションは本格的に実務としての鍛造設計に適用されるようになりました。近年では、3次元シミュレーションが様々な鍛造加工において積極的に活用されており、さらにミクロ組織予測、熱処理や切削などの他工程との連携、最適化技術への応用など、様々な研究開発が行われています。
本資料では、鍛造設計を支えてきたシミュレーション技術の変遷と今後のデジタルエンジニアリングの展望を代表的な事例の紹介と共にご紹介いたします。

出典記事:塑性と加工(日本塑性加工学会誌)第57巻 第664号
著者:金 秀英


資料をダウンロードする

本記事の無断転載・複製を禁じます。
記事に関するお問い合わせは、以下にお願いします。
TEL (072)962-0676 営業企画室

お問い合わせ

contact

弊社製品、サービスについて、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社営業拠点に直接ご連絡いただく際は、こちらで連絡先をご確認ください。

お問い合わせ

Top