冷間鍛造金型における疲労寿命予測の現状


金型寿命改善CAE活用資料ダウンロード


鍛造加工を扱う企業において数値解析技術が幅広く活用されるようになる中で、鍛造金型に対して応力負荷を評価する試みや応力負荷低減対策の検討手法として改善を進める取組みが活発になっています。
いずれもその目的は、応力集中に起因する疲労破壊がもたらす金型の短寿命の解消であり、金型に高い負荷のかかる冷間鍛造においては、注目される重要な課題として位置付けられています。
金型材料の寿命特性を把握するための高度な手段として、統計的な分析手法を活用した方法や局所的破壊解析理論に基づいた高度な数値解析モデルを利用した金型寿命予測方法などが研究されています。
本資料では、それらの研究開発事例をご紹介いたします。(※本資料は2015年に執筆された内容です。)

出典記事:塑性と加工(日本塑性加工学会誌)第56巻 第650号
著者:金 秀英


資料をダウンロードする

本記事の無断転載・複製を禁じます。
記事に関するお問い合わせは、以下にお願いします。
TEL (072)962-0676 営業企画室

お問い合わせ

contact

弊社製品、サービスについて、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社営業拠点に直接ご連絡いただく際は、こちらで連絡先をご確認ください。

お問い合わせ

Top