CAEによる熱間鍛造の型寿命要因分析および改善について


金型寿命改善CAE活用資料ダウンロード

熱間鍛造における型寿命の改善は、コスト低減および品質安定化の両面で大きなメリットを得ることができるため、優先して取り組むべき課題といえるでしょう。
具体的な鍛造型の寿命向上に対する取組みとしては、
・化学組成や金属組織のコントロールによる型材の特性向上を目指す方法
・型の損傷形態を工程設計、生産条件等と関連付けることによって鍛造プロセスの評価を行い、評価結果を根拠とした型寿命の向上を目指す方法
などが挙げられます。
本資料では、プロセス評価に対してCAE(Computer Aided Engineering)を適用し、対策へとつなげる取組みについてご紹介いたします。

出典記事:塑性と加工(日本塑性加工学会誌)第54巻 第630号
著者:金 秀英 他


資料をダウンロードする

本記事の無断転載・複製を禁じます。
記事に関するお問い合わせは、以下にお願いします。
TEL (072)962-0676 営業企画室

お問い合わせ

contact

弊社製品、サービスについて、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社営業拠点に直接ご連絡いただく際は、こちらで連絡先をご確認ください。

お問い合わせ

Top