シミュレーション技術を活用した鍛造自動車部品の開発の現状と課題


CAE活用資料ダウンロード

新素材・新工程の早期開発、コスト削減、多品種少量生産への対応、熟練技術者の現象による技術力低下など、鍛造金型設計を取り巻く環境は一層厳しさを増しています。
このような設計現場の問題を解決するため、CAE(Computer Aided Engineering)への関心がますます高まっています。
本資料では、鍛造自動車部品の設計におけるCAE適用事例ならびに鍛造工程設計環境をご紹介します。さらに、レベルアップした設計ニーズに対応するためのCAE適用技術についても解説いたします。

出典記事:塑性と加工(日本塑性加工学会誌)第51巻 第589号
著者:金 秀英


資料をダウンロードする

本記事の無断転載・複製を禁じます。
記事に関するお問い合わせは、以下にお願いします。
TEL (072)962-0676 営業企画室

お問い合わせ

contact

弊社製品、サービスについて、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社営業拠点に直接ご連絡いただく際は、こちらで連絡先をご確認ください。

お問い合わせ

Top