成形ダイスの金型寿命を改善する4つの方法(横割れ)


金型寿命

はじめに

金型の寿命を延ばすには、なぜ破損したか原因追及が最も重要です。
人、機械、材料、方法、金型ではどの要因が最も影響しているのか。早期破損する頻度、ある周期、ある条件下で生じるのか、突発的に早期破損が出るのか…など調査する必要があります。型設計を変更すると破損を防ぐことは出来ても、真の原因を潰さないと同じ事を繰り返しますので、ご注意ください。

破損の現象

今回ご紹介する横割れ(リング割れ)の代表的な現象としては、下記のことが挙げられます。

【形態】
・インサート内面に周方向に部分的に割れが発生する
→割れが繋がって、リング状に破断する

【場所】
①絞りR部で割れが発生する
②インサート内面のストレート部で割れが発生する
③金型のほぼ中央で割れる

主な原因

そもそも横割れ(リング割れ)が生じる原因とは、何でしょうか?
今回の事例では、次のことが原因と考えられます。

【①の原因】
・応力が引張荷重となり、インサートの強度を越える。
・①部の隅Rが小さく、応力集中する。
・①部は応力干渉部にもなり、締め代効果が出ない。

【②の原因】
鍛造品が接触している箇所と接触していない箇所の境界にせん断応力が発生し割れてしまう。(下図と同じ原理)

【③の原因】
インサートの肉厚対して全長が長く、内径が鼓状に変形し、内径面の引張限界を越える。

その他にも、素材の硬度が高いことが原因で割れてしまったり、素材の傷、打痕、錆などによる金型についた傷が起点となり割れが入ったりすることもあります。

金型寿命を改善する方法

【①の対策】
・成形負荷の軽減、または分散させる
・コーナーRを出来るだけ大きくし、応力集中を低減
・高靭性のインサートを使用

【②の対策】
・インサートを横方向に2分割もしくは3分割にする
→割れてしまう所で、予め割ってしまう。

【③の対策】
・全長と肉厚の比率を適正にする。

まとめ

【インサートの横割れ(リング割れ)の主な原因】
・成形負荷が大きい
・絞り部のコーナーRが小さい
・インサートの肉厚に対して全長が長い
・インサートの材質が適切ではない

【横割れ(リング割れ)を防ぎ、金型寿命を延ばすための4つの方法】
1.成形負荷は小さく
2.コーナーRは出来るだけ大きく
3.割れる箇所で予め割っておく
→インサート肉厚と全長の比率の適正化
4.高靭性のインサートに変更

いかがでしたでしょうか?今回は、インサートの横割れ(リング割れ)に絞って、金型寿命の改善方法をご紹介させていただきました。
当社では、長年培ってきた鍛造開発技術の経験とDEFORMを中心としたCAE活用技術を融合し、お客様のお困りごとを解決しています。もし、金型寿命でお困りごとがございましたら、お気軽にお声掛けください。

技術資料一覧へ戻る

お問い合わせ

contact

弊社製品、サービスについて、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社営業拠点に直接ご連絡いただく際は、こちらで連絡先をご確認ください。

お問い合わせ

Top