塑性加工技術を進化させるあらゆるテクノロジーへの挑戦

技術開発方針 「付加価値創造に挑戦し続け、お役立ち精神の下。常にベストソリューションを探求する。」 当社は金型加工技術を極めるとともに、当社の金型を必要とされるお客様の塑性加工技術に関する課題に対して、あらゆる周辺技術を駆使してベストなトータルソリューションをご提供するため、基礎研究から具体的なデータ収集まで常に業界トップクラスのテクノロジーを追求し続けていきます。

大型プレス機の活用による鍛造技術開発と新工法開発

塑性加工に関する工法開発を油圧リンクプレスの複動成形や生産性の高いメカプレスでの成形速度検証まで、精度~工程能力まで一貫した開発を行うことが出来ます。
NX1600に関しては、3軸独立制御による複動成形やスライドの位置制御が±0.02mmの精度で調整可能で、超高精度な鍛造品を成形する事ができます。
複数台のプレス機の稼働により、用途に応じ又は複数の開発を同時に進行させる事で、お客様への試作サービスの提供と並行して、次代への技術開発の歩みを中断することなく、日々確実に発展させていきます。

解析技術の向上によるシミュレーションの活用

鍛造開発の最上流にある工程設計に、成形挙動を事前に解析・分析するCAE技術を活用し、鍛造開発の「一発良品化」を目指し、お客様から短納期・低コスト化のご要望にお応えしています。
また、実際の金型製作や鍛造品開発の中で蓄積されたあらゆる情報やデータを活用し、新技術・新工法の開発などの様々な場面でこのCAE技術が活躍しています。

材料試験、熱処理試験ほかの研究分野への注力

新しく開発された物も含め金型材料や被加工材料の特性を最大限に引き出し、製品やサービスの品質向上へ活用できるよう様々な評価試験を実施しています。
また、様々な基礎研究の分野において、国立大学などの研究機関と共同で新しい素材や加工技術について検討・開発しています。

ページトップへ