パイオニアとして培った技術から生まれる高品質な金型

冷間鍛造

高い精度と高強度、生産性のニーズに、更なる高付加価値への対応。超硬材の金型製作のパイオニアである当社の最も得意としている分野であり、業界トップクラスの精度と品質を誇ります。

鍛造品をクリックすると拡大します。

温間・熱間・冷間複合鍛造

熱を加えることで、大変形が可能となり、冷間鍛造の面粗度と精度メリットにより、複雑な形状と大物のネットシェイプを実現。当社では、あらゆる形状の金型製作が可能です。

鍛造品をクリックすると拡大します。

非鉄金属鍛造

軽量化、省エネ化を実現する非鉄金属の複雑形状の鍛造を実現。
鉄鋼材に替わる新たな素材が多数開発されている中で、今後様々な分野においてニーズが高まることが想定されます。

フローフォーミング成形

板金を回転させながら、部分的に何度も変形させることで大きな成形を行います。

鍛造生産装置

閉塞ダイセット

 ヤマナカゴーキンでは、バネ式、油圧式、ハイブリッド式など、様々な方式の閉塞ダイセットを
 設計・製作・販売をしています。特に、特殊バネを用いた独自方式のバネ式閉塞ダイセットは、
 省エネ・省スペース化に貢献しています。



 <バネ式の特徴>
1)ダイスの直下にシリンダーを配置する必要がないため低いシャットハイトのプレスにも搭載可能。
2)バネを使用しているため、速度依存性が小さく、高速の閉塞鍛造が可能。
3)構造がシンプルなためメンテナンス性に優れている。
4)スライドと金型保持部を機構上分離しているため、プレス精度が直接影響しにくい。
5)閉塞荷重が初期は小さく、下死点に向かい直線的に増加するため、プレスの負担が抑えられる。

ページトップへ